« がんばれ小山ボーイズ!! | トップページ | 快挙まで、もう一歩!!関東ボーイズリーグ大会で惜しくも準優勝 »

2007年4月11日 (水)

価値ある一勝!!そして感謝の交流

  遠征初日は雨。宿舎に荷物を置いて、早々に試合会場の下見に出た。十三駅から乗り継ぐこと1時間余り、雨上がりの南港中央公園は人影もなし。管理人の計らいで球場内の見学が出来たことはラッキーだった。両翼98m・中堅122mの広さ、柔らかい人工芝、各ポジションからの景、ブルペンなど、実際に見て確認することに意義がある。試合への不安は一掃された。夜は大阪名物お好み焼き、小麦粉は腹持ちがいいらしい。
 二日目も雨。午前中で上がる予定だが、昨日からの雨でグランドも厳しい。それより、無理すれば選手の体調が心配。バスで1時間、河内長野市にある名門・堺ビッグボーイズのグランドに着く。午後になればと瀬野代表と話をするが状況悪く、ゲームを断念。
 雨天練習場で汗を流す、相手を意識してかいつもより声が大きかったように思える。迷惑を顧みず午前中独占、しかも豚汁までも、「ありがとう」を超えた嬉しさでした。堺ビッグボーイズの練習を見て、またまた感動。「中学生を育てる」という意識を強く感じる練習は、若輩小山ボーイズには勉強になりました。
 大会初日は晴天。開会式会場の舞洲球場は黒土の重厚なグランドだ。堂々の入場行進はどのチームにも引けを取らなかった。きりりと引き締まった普段は見られない顔で歩っているではありませんか。結構やるなこいつら!開会式会場に一番乗り、試合会場にも第二試合にも関らず一番乗りした。雰囲気に慣れる、汗をかく、準備を万全にする。その徹底のためだ。
 いよいよ奈良県代表の五條ドラゴンズとの一回戦、要注意はエースの谷投手、強豪揃いの奈良県予選で全試合完封の好投手である。そのこともあり、スタンドには多くの関係者が来ていたようだ。うちの主戦は黒須、やっと本来の調子を取り戻したばかり、接戦は予想していた。黒須・先崎のバッテリーは再三のピンチを切り抜けた。2回には大木が渋いレフト前へのタイムリー。3回は源田の三塁打を足がかりに、重盗と相原のスクイズで逆転し、接戦を制した。
 全国大会に際して、城南ドリームボーイズの大枝監督に、お世話になったことを付け加える。言葉に表せない感謝の気持ちで一杯です。
 今回の一勝は、単に小山ボーイズに相当な力があったとしても、それを自分の力とすべきでなく。多くの方々のご協力をいただいて、多くの人たちの力の結集が、小山ボーイズを押し上げてくれたものと考えるべきである。
 今、夏に向け再出発したばかりだが、ご協力をいただいた多くの皆様に対する感謝の気持ちをいつまでも持ちつづけることの大切さを忘れることはできません。
 価値ある一勝、そして価値ある大きな交流の輪を、掴んだことになる。

|

« がんばれ小山ボーイズ!! | トップページ | 快挙まで、もう一歩!!関東ボーイズリーグ大会で惜しくも準優勝 »

球団コラム『ベンチにて』」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 価値ある一勝!!そして感謝の交流:

« がんばれ小山ボーイズ!! | トップページ | 快挙まで、もう一歩!!関東ボーイズリーグ大会で惜しくも準優勝 »